思秋期 バンザイ!~人生下り坂を楽しむブログ~

旦那と一人の娘がいる50代なかばの獣医師。自分の好きなことを好きなだけやってきた。 子育てもひと段落。自分時間が持てるようになって、人生下り坂を楽しもう!思秋期 バンザイ!

獣医師のトラウマ~動物好きは動物のお医者さんになると幸せ?~

動物のお医者さん "獣医師"といわれる人は

基本、動物が好きだと思う。

動物が好きだから、獣医師になった人が多い。自分も、動物好きがこうじて、何の疑いもなしに獣医師という職業を選び、勉強し、大学に入った。そして、今、動物病院で働いている。

しかし、本当に動物が好きな人は獣医師になって幸せになれるのだろうか? 

 

大学での実習では、動物の命を奪って、その動物を実験の材料として使う。

はっきりいうと 

 

   動物を殺す方が、多かった。

   

ラット、マウス、ニワトリ、イヌ、ウシ、ヒツジ…

 

後輩で、どうしても解剖実習が見られない学生がいた。ウマの解剖実習の時、

    ポツン

と、ひとだかりから離れ、背中を向けている学生がいた。動物が好きで、動物を救いたくて獣医学を学ぶ。しかし、そのために数々の犠牲となる命がある。 

 

その学生を見た時、本当に動物が好きな人は獣医師にならない方がいいのでは?と、思った。

 

  • 動物病院では…

今、自分は獣医師として小動物の診察をしている。毎日、具合の悪くなった動物たちが来院する。すべてが、満足に治療できているか?と思うとそうではない。

 

     自分の技術不足

     設備不備

     飼い主さんの観察不足

     飼い主さんの経済的理由

     その他色々な理由で治療を断念

 

不幸な動物を診ることも多い。ああ、最も早く連れて来てくれたら、と思うことも多い。自分にもっと技術があればと、休みの日は、セミナーに参加して勉強する。してもしても技術はどんどん進み終わりがない。

だんだんと、年を取ると身体がきつくなる。

  

  • 健康な動物の診察では…

では、健康な動物の診察ではどうだろうか?

 

     健康診断

     ワクチン

     ノミ・ダニの駆除

     体重測定 

健康な動物も、動物病院にたくさん来てくれる。しかし、何度か来院するにつれ

「ここは、どうも嫌なところだぞ❗」

最初、喜んで来てくれていた動物達は、しだいに飼い主さんに引っ張られてやってくる。

 

     おびえた顔の動物

     全身ブルブル震えた動物

     毛を逆立て攻撃的な動物

 

獣医師は、ここでも嫌われている。

  

  • 満足度と幸福度

今まで、自分は自分が思うようにがむしゃらに仕事をしてきた。

何かの記事で 

 

  獣医師の仕事は、

  満足度は高いが幸福度は低い

 

と、書いてあった。これを読んだとき、何だかストンと府に落ちた。ああ、そういうことか!満足度と、幸福度は違うものだったのか!

 

自分は、今、獣医師として仕事をして来て後悔したことはない。自分の天職だとも思える。

動物を飼っている人は、動物と一緒に幸福になりたい人がほとんどだ。そして、動物を飼うことにより、飼い主さんは、人生を満足なものにしたいと考ええている。

 

しかし、獣医師として仕事をするにあたり満足度をとるか幸福度をとるかで、今後の仕事のあり方が大きく変わってくる。 さて自分は、今後、人生下り坂を後悔しないために、どのように仕事をしていくべきか?分岐点に立っている。

 

 

思秋期 バンザイ!

~人生下り坂を楽しむブログ~