思秋期 バンザイ!~人生下り坂を楽しむブログ~

旦那と一人の娘がいる50代なかばの獣医師。自分の好きなことを好きなだけやってきた。 子育てもひと段落。自分時間が持てるようになって、人生下り坂を楽しもう!思秋期 バンザイ!

動物病院のお医者さん 動物病院のスタッフさん

動物病院には、獣医さんだけでなく

動物病院を支えている

スタッフさんがいる

今や

そのスタッフさんがいなければ

動物病院の仕事はなりたたない

 

 

かれこれ40年前のこと…

 

私の家で飼っていたイヌが

お世話になっていた動物病院は

獣医さんが、一人でやっていた

自宅の一部を

診察室兼、処置室兼、手術室兼の

ひと部屋の動物病院だった

 

しかし、今では

獣医さんが一人でやっている

動物病院は少ないだろう

 

動物の医療技術の進歩にともない

もはや

人間の医療と変わらなくなっている

そのため、獣医さん一人では

とても動物病院をやっては行けない

 

受付、診察、検査、手術、入院動物の管理、電話の対応、調薬、薬の管理、フードの管理、掃除、事務処理、経理、etc.

 

表からみると、

診察や手術だけやっているようにみえるが

雑用を含めた仕事がたくさんある

 

その仕事を手伝ってくれる

 

     受付スタッフ

     動物看護師

     清掃スタッフ

     事務スタッフ

 

実際に

スタッフさんになった人からすると

こんなに仕事があるとは

思わなかったとの感想

 

自分の病院にも、スタッフさんがいる

新人さんもいれば、ベテランさんもいる

 

このベテランさん

長ければ長いほど、自分のクセを良く理解してくれて

本当に、「かゆい所に手がとどく」とは

よく言ったもんだ!

 

「あれ、持ってきて!」

「これ、あそこに頼んどいて!」

「あれの準備、出来ている?」

 

名詞が、なかなか出てこない時でも

サッと、理解して準備、行動してくれる

こちらが、やって欲しい時に

サッと行動してくれる

 

機械は、壊れたら買い替えればいい

しかし、優秀なベテランスタッフさんは

替えがきかない

長年、一緒に働いてきたスタッフさんは

本当に、ありがたい存在となる

 

そして、新人スタッフさんの存在は

それまでの院内の常識が

非常識だと気づかせてくれる

先輩スタッフさんが

新人スタッフさんを教えると

仕事ができるようになるが

先輩スタッフさんも成長する

人を教えることで、成長する

 

どこの職場も、同じだろうが

本当に、なんといっても

人材、人材、人材である

機械は、壊れたら買い替えればいい

人に替えはない

 

歳をとって

身体に無理がきかなくなった

今日この頃

さらに骨身にしみる

 

 

私:「ちょっと、あれどうだった?」

看護師さん:「あれは、大丈夫ですよ!」

 

私:「あれ、頼んでくれた?」

受付スタッフさん:「大丈夫ですよ!頼んでもう来てますよ!」

 

等々

 

おかげで、診察に集中できる

 

そんな、スタッフさんとのやりとりが

ありがたく、頼もしい今日この頃である

 

 

 

思秋期 バンザイ!

~人生下り坂を楽しむブログ~